カテゴリー「グルメ・クッキング」の14件の記事

2014年4月20日 (日)

『陳麻婆豆腐』 美味しかったです!! ”花風”@石垣島川平

 3月に入って,店舗を自宅に移したり子供が産まれたりで,イマイチ余裕が無かった のだけど,ココへ来てやっとペースが掴めて来た感じです.

そんな訳で,楽しみにしていた 『石垣島のチャイニーズキッチン ”花風(はなかじ)”』 にやっと行く事が出来ました.

 『花風』 は過去のブログに載せたように,以前から良くして頂いていた石垣島では有名な居酒屋の店長さんが開店したお店です.

 赤ん坊連れなので,営業のお邪魔 にならないようにお昼過ぎに行くつもりが,赤ん坊さまのご機嫌取っていたら,14時半頃の到着になってしまいました.
でも,夕方近くまでランチタイム で営業されているので,トッテモ助かります.
米原ビーチ の帰りなど,少しばかりお昼ごはんが遅くなっても,十分に間に合います.

 実は中華料理は,我が家の大好物
特に埼玉県の戸田に住んでいた頃には,『朋来』 や 『北京亭』 と言った,お料理はかなりのハイレベルなのに,どちらかというとリーズナブルで庶民的なお店が大好きでした.
『朋来』の李さん,お元気でやってらっしゃるのかなぁ? 機会があったら行きたいな~.

 『花風』 では,その当時の想い出の 『炒飯』,『油淋鶏』,『陳麻婆豆腐』 を頂きました.
『炒飯』 と 『油淋鶏』 は,我が家の好みのど真ん中です.

 『花風』 看板メニューの 『陳麻婆豆腐』 は,『自家製の甜麺醤』 と 『島豆腐』 を使っていて,山椒もバッチリ利いていてトッテモ美味しいです. 辛口甘口も選べるそうです.
メニューには普通の麻婆豆腐もありますが,中華料理好きの方には,是非とも試してみて下さいませ.

『餃子』 や 『オリオンビール』 もと思ったのですが,三品でお腹一杯になってしまって,夕飯が食べられなくなりそうだし,帰りの運転が・・・
今日のところは断念しました.
赤ん坊さま優先で,ここ何ヶ月も飲みに行っていないので ,もう少ししたら,今度は代行頼んで行こうかね~

 他の方のブログなどで,お料理やメニューの写真などが紹介されているので,ドライブ中の通りすがりにお店が分かるように,外観の写真などをご紹介します.

一番上の写真の,通りに覆い被さるような形の木が 『エバタの木』 です.
この『エバタの木』 と 『ペイントされた軽ワゴン』 が目印ですよ~.

20140420a
20140420b
20140420c
20140420d



| | コメント (0)

2014年2月28日 (金)

石垣島のチャイニーズキッチン ”花風(はなかじ)” オープン

 2014年3月1日に,石垣島の友人が待望の 石垣島のチャイニーズキッチン 花風 をオープンします.
花風』 と書いて 『はなかじ』 と読みます.

 我が家は中華料理が大好物 で,埼玉県に住んでいた頃も馴染みの中華料理屋さんが2~3件あって,中華料理を肴に良く一杯 やっていました~.
石垣島に好みの中華料理のお店ができてうれしぃネェ~.

 シェフは石垣島では,マグロ料理などで超有名な(某)海人居酒屋 で,いくつかある店舗中で開店以来,予約なしでは入れないような 一番人気の店として来た 『Nさん』 です.
 

 石垣島産や沖縄県産の食材をふんだんに取り入れた,八重山では希少な 『陳建一さん』 伝承の本格中華を味わう事ができますよ.
日替わりメニューでは,石垣島の郷土料理や,旬の時期には新鮮な近海物の本マグロやカツオ のメニューが出される事もあるそうです.

 お店は,於茂登岳の山麓にあって,客席の海側が全面ガラス張りとなっていて,ここから眺める東シナ海の絶景は一見 の価値ありです.
こんな景色を臨みながら堪能するランチが超~オススメです.
運が良ければ 『カンムリワシ』 にも出会えるかもね.
看板犬の 『パンちゃん』 もヨロシク~

営業時間 ランチ:11時~17時, ディナー(ご予約のみ):18時~21時(LO.20時)
予約TEL 0980-87-5017 (営業時間内にお願いします)
お値段 日替わりランチセット:\900-,単品:\500-位~\1,000-位
定休日 木曜日

 場所は,川平湾から米原へ向かって吉原集落の東にある山原カフェ・ストリート沿いで,『ココスビレッジの看板』 と 『エバタの木』が目印です. → 地図は,こちら

お店の案内や日替わりやレギュラーのランチメニューは,こちらのお店のHPを見てね.

お店ホームページは只今工事中です. もう少々お待ち下さい. m(_ _)m
 

| | コメント (0)

2013年7月 7日 (日)

絶品! カツオの心臓とレバーのお刺身♪

 石垣島では 『本マグロ』 と共に 『カツオ』 が旬を迎えています.

この旬の時期ならでは,捕れたて新鮮な 『生のカツオ』 でしか味わう事ができない 『心臓』 と 『レバー』 をお刺身で頂く事ができます.

いつも行く海人さんがやっている居酒屋さん では,とても上手に処理されているので,まったくクセや臭みはありませんよ.

 我が家は埼玉県に住んでいた事もあって,『やきとん』 や 『ホルモン刺し』 が大好物でした.

しかし石垣島では,同じようなメニューがあるお店が無くて,少々寂しい思いをしています.

でも 『カツオ』 の 『心臓』 と 『レバー』 のお刺身は,そんな寂しさを十分に晴らしてくれるのです.

こんなに美味しいのだから,一年中あれば幸せなのにね~

20130707
 上の写真は,お皿の左が 『心臓』,右が『レバー』 のお刺身です.

手前の小皿にある 『石垣の塩』 と 『ごま油』 を程良く混ぜた物をつけて頂くのが絶品です.

この時期に石垣島へ来島されている方は,これを逃す手はありませんよ~



| | コメント (0)

2013年6月12日 (水)

『梅雨明け』 と 『ハーリー』 と 『コーレーグース』

 台風3号(YAGI) が八丈島付近で停滞していますが,石垣島では梅雨入り以来,夕立 はあったものの,天気予報に反して晴れ続き でした.

島では海洋性気候 のために,天気予報があまり当たらないのが日常です.

そんな日が続いた今日,石垣島では梅雨明け間近を知らせる 『ハーリー』 が行われました.

 『ハーリー』 は,旧暦の5月4日(ユッカヌヒー)に催される海人(ウミンチュ)の豊漁 を祈願するお祭り 『海神祭』 です.

島では五穀豊穣を祈願 する 『豊年祭』 とならんで大きなお祭りです.

 この頃になると,待ってましたの 『コーレーグース』 に丁度良い感じ の 『島とうがらし』 がボチボチと出てきます.

そして我が家の毎年恒例の 『コーレーグース』 を漬け始めました.

20130612

 今回はお世話になった内地の方々へ,お送り しようと思っています.m(_ _)m

島とうがらし』 を多めに入れたので,かなり辛いですよ~

皆さん間もなくお送りしますので,待っててねぇ~



| | コメント (0)

2013年5月13日 (月)

本マグロの季節♪ @石垣島

 間もなく,梅雨入り かと言うこの時期・・・

待ってました の 『本マグロ 』 の季節です.

 内地では広く知られていないようですが,実は石垣島でも本マグロが捕れるんですよ.

しかも,冷凍せずに生のまま出回ることもあります.

我が家が通っている居酒屋さん は,海人さん  がやっているお店だけあって,今の時期は生の本マグロを頂く事ができます.

20130513
※たぶん 『かまトロ(左)』 と 『中トロ(右)』  (画像が悪くてスミマセン)

 

 普通であれば,我が家が手を出せる品ではない のですが,店長さんのご厚意でご馳走して頂きました.

さっ さすが の美味しさでした. 特に我が家が大好きな 中トロは絶品でした.

 店長さんありがとうございました.m(_ _)m

ご馳走さまでした. トッテモ美味しかったで~す.  

 

 もう暫くして梅雨明けの頃 になると,今度は 『カツオ』 も揚がって来ます.

石垣島へご来島の際には,是非 是非 味わって見て下さいね~.

 店長さん情報では,今年のカツオの水揚げは例年よりも早くなりそうで,お店のメニューにも早めに出てくるようですよ~.



| | コメント (1)

2012年9月11日 (火)

唐揚げとマース煮

 石垣島では,先月の台風 以降は快適な天気 が続いています.

先月の帰省 で,日々美味しい物 を食べ過ぎたためか,若干の体重増

石垣島に帰って来てからは,まめにジョギング してました.

体重はあまり変わらないけど・・・  特定検診までになんとかしましょうねぇ~

 

 今日はジョギングをお休みして,数ヶ月ぶりに防波堤釣り でのんびりしました.

遠くの海上で,積乱雲 からスコール が降っているような景色を眺めながら,ボォ~ッとしているとナンだか癒されますね~

2時間ほどの釣果は6匹で,小さな3匹はリリース,夕飯 のおかずになりそうな3匹をお持ち帰りにしました.

20120911

 上の細長いのは 『カマスベラ』,下の2匹は 『イシミーバイ(カンモンハタ)』です.

カマスベラは食べられるそうなんだけど,どうしようかね~

30cm以上あって,わりと身がありそうだから唐揚げかなぁ?

イシミーバイは,マース煮か普通の煮付けか,お味噌汁かなぁ?

 

 マース煮(塩煮)は,塩だけで煮付ける沖縄料理で,淡泊な味の魚に合います.

塩はやっぱり精製塩ではなくて,海水 から作った天然塩がイイですね.

一緒に 『アオサ』 や 『島豆腐』 を煮付けると,もう酒肴 に最高です.

今晩は,サッカー 観ながらコレだね



| | コメント (0)

2012年5月28日 (月)

『コーレーグース』 と 『島らっきょうの塩漬け』 の季節

 石垣島は梅雨入り したとは言うものの,比較的良いお天気 が続いていて,『ゴーヤー』 や 『ナーベラー』 などの島野菜が良く育っているようで,市場にも良型で安価な新鮮野菜が並んでいます.

我が家のお好みサイズの 『島とうがらし』 と 『島らっきょう』 も,お手頃な値段 で出始めました.

と言うことで・・・今年も 『コーレーグース』 と 『島らっきょうの塩漬け』 を漬けました.

 昨日,市場で良い物が多めにゲット できたので,今回は埼玉県の友人にも強制的に送る事 にして,せっせ と仕込みをしました.

 

 先ずは,『コーレーグース』.

20120528a

島とうがらしのヘタを取って(写真左)から,水洗いします(写真右)

20120528b

瓶詰めして(写真左),30゜の泡盛を注いで(写真右)完成~

泡盛は我が家お気に入り の 『八重泉』 です.

2週間位で立派なコーレーグースになるよ.

友人用には,『石垣島トライアスロンの記念ボトル』で漬けました.

 

 さて,次は『島らっきょうの塩漬け』.

20120528c

島らっきょうは芽と根が付いていたので(写真左),キッチンばさみ でチョキンチョキンと切って,暫く水に漬けます(写真右).

20120528d

実の表面についている薄皮を1個ずつ水洗いしながら剥いて(写真左),ジャムの空き瓶に入れ,塩水で漬ければ(写真右)完成

塩加減のお好みにもよるけど,おおよそ2~3日でイイ感じ に漬かります.

 島らっきょうの塩漬けは,薄皮剥きが結構な手間 が掛かって肩凝るよね~

ニンニクの皮剥き便利グッズみたいなのを使えば,楽に出来るかもね.

 

 もう少し詳しく作り方を知りたい方は,我が家流で宜しければ過去のブログを見てね.

・コーレーグースの作り方
  ⇒ http://ashibina.cocolog-nifty.com/ishigaki/2011/11/post-91e5.html

・島らっきょう塩漬けの作り方
  ⇒ http://ashibina.cocolog-nifty.com/ishigaki/2011/09/eshine-e475.html



| | コメント (0)

2012年3月16日 (金)

『チョークアート』 に 『ボー,ガー,ブン』???

 埼玉県のお友達Sさんご夫婦から,素晴らしい品々を頂戴しちゃいました.

一つは,『チョークアート の技法で作ったお店の看板です.

よく店頭などに置いてある黒板に描いた絵や文字の看板アートの事を 『チョークアート』 って言うそうです.

あぁ~ あれねっ って,知識不足で失礼しました~.

20120316a

 どうですっ綺麗でしょ. 写真だと分かりにくいけど,とっても立体感があるんですよ.

絵柄も石垣島っぽくてイイでしょ~  さっそくお店の入口に掛けたいと思います.

通り沿いの窓に掛けるので,もし通り掛かったら見て 下さいね.

 

 もう一つは,本場ベトナムのお土産で,3種類の 『フォー』 の詰め合わせです.

フォー』 はあまり食べたことがなかったし,何と言っても我が家は麺好き なので,トッテモ嬉しいです.

20120316b

写真の左から

『フォー・ボー(Phở bò)』
『フォー・ガー(Phở gà)』 ??
『ブンボーフエ (Bún Bò Huế)』 ???  の3種類です. 

ん~っ やっぱり知識不足で失礼しました.

『ボー』= , 『ガー』= のお肉とお出汁のスープで,麺はきしめんのような平米麺です.

『ブンボーフエ』 は, のお肉と香草たっぷりの刺激的な お出しに,ビーフンのような細めでコシのある米麺でした.

 

 昨日今日で,『フォー・ガー』 と 『ブンボーフエ』 をどちらも美味しく頂きました.

あしたは 『フォー・ボー』 を食べてみ~よぉっと

たくさん頂いたので,暫くのお楽しみにさせて頂きますね.

Sさんご夫婦 ホントにありがとう.

| | コメント (0)

2011年11月22日 (火)

八重山そば & 西表そば

 麺好きの我が家は,埼玉に居た頃は生の中華麺を買ってきて,炒め野菜ラーメン とかを良く作ってはニコニコ しながら食べていた.

石垣島では,内地の生の中華麺や生ラーメンは,貴重かつ高価な食材となってしまいました. 運良く安売りを見つけた時は 『買い』 だけど,安売りでも埼玉で売っていた値段の2倍強ってところかなぁ.

もともと入荷される数が少ないし,種類もベーシックな 『醤油』 と 『味噌』 の二種類くらいです. それでも,石垣島では人気があるらしく,結構品薄になっている事が多い.

 逆に,内地での沖縄物産展などで売られている 『生の沖縄そば』 は,400~500円と高価な物だったけど,石垣島では定価で200弱~250円ほどで,400g入りのスープ別売りが大半です.

 八重山地方で一般的なのは,『八重山そば』 で,『沖縄そば』 と売り場を二分している感じです. 大まかに言うと 『八重山そば』 は丸麺で,『沖縄そば』 は平麺で,区別して売られている事が多いです.

沖縄好きの方はご存じだと思いますが,そばとは言っても,いずれの麺も原料は小麦粉で,言い換えれば『極太の中華麺』で,カツオやマグロ ,豚 などから取ったあっさり出汁スープで頂く事が多いです.

 

 石垣島のスーパーでは,(恐らく)八重山そばの一種で,『西表そば』 が売られています. 西表島で製造されていて,500g入りで安売りしている事が多いのです. 最も安い時は特売99円で,賞味期限が迫っていると 更にこの半額 になっている事があります.

 節約がモットーの我が家では,これを購入するための努力も惜しみません.
そして,ゲットしたのが・・・

20111122

 実は乾麺以外の生の沖縄そばは,『ゆで』 の状態でサラダ油を塗して売られています. 内地の焼きそば麺と同じです.

そのため,普通に出汁スープなどで頂く時は茹でる訳ですが,自分が下手なのか 『アッ』 と言う間に茹で過ぎてしまうのです. もともと柔らか目という事もありますが,タイミング的には駅そばの 『ゆがく』 程度,『油分を落とす』 位がイイみたいです.

 沖縄ではこの麺を 『焼きそば』 や 『ケチャ焼き』 とする事がありますが,我が家のお勧めは,『若干の焦げ目がつく位のカリカリの焼き麺』 にする事です.

 これに 『前日のカレーの残り』 を掛けて頂いたりします.
特にお勧めは,『前日のナーベラー・ンブシーの炒め汁』 を取っておいて,みじん切り野菜と挽肉を炒めて加えて,ニンニク少々と唐辛子でピリ辛 に調味して,あんかけとして頂く事です.

前日の残り物ばかりでお恥ずかしい. 我が家は節約がモットーなので・・・

 

 石垣島へ来島されて,コンドミニアムなどに宿泊される方は,是非お試し下さいませ.
食堂やレストランとは,また違った島の味にハマってしまうかもよ~



| | コメント (0)

2011年11月14日 (月)

コーレーグースを作ったよ

 我が家のごはんには,頻繁に 『コーレーグース(島とうがらしの泡盛漬け』 が登場します.

特に辛い物が好きと言う訳ではないのですが,お刺身の醤油に垂らしたり,チャンプルーや島そば に使うと良いアクセントになります.

パスタやピザには 『タ●スコ』 も使いますが,和風のパスタやピザには,酸っぱくない 『コーレーグース』 を使うのが大好きです.

特に和風まぐろピザなどにかけると間違いナイ  ラーメンや野菜炒めにも Good です.

 そんな訳で,我が家では埼玉に住んでいる頃から,石垣島に来た時に島とうがらしが手に入ったら,『コーレーグース』 を漬けています.

20111113a

 上は 『ゆらてぃく市場』 で買った島とうがらし(\200-).

 ※ちょっとピンぼけ・・・下手でスミマセン.

時期によって値段や量がマチマチなので,お手頃なのが出た時にゲットします.

 

 先ずは,島とうがらしの緑色のヘタを取ります.

ヘタを取らずに漬けても良いようですが,我が家では青臭さが残らないようにとの事で取っています.

  この時に注意するのは,島とうがらしを触るときには,必ず両手に使い捨てビニール手袋などをして,慎重に扱いましょう.

直に触った手で,目や顔をさわると大変な事になりますよ~

どんなに手洗いしても,しばらくは手 がヒリヒリするしね.(経験談

20111113b

 左側の3つが上手くヘタが取れた物 で,右側の3つは失敗した物 です.

左側は綺麗にヘタだけ取れていますが,右側は赤い実の部分も取れてしまっていて,中身が見えてしまっています. 上手に取るコツは,ヘタだけを爪先で挟んで,前後に折るようにすると 『プチッ』 と取れます.

 実は生の島とうがらしは,結構足が速くて (変質し易い),アルコール漬けにしても中身から変質してきます. 生のままで常温においておくと,直ぐにカビが生えてしまいますので ,出来れば買って直ぐに使うか,チルド保存が良いですよ.

 長く漬けておくと,右側の状態では中身が変質して浮遊物として出てきて,『コーレーグース』 が濁ってしまい,見た目が良くないので,なるべくヘタだけ取れるとBetter です. 我が家ではそれほど浮遊物を気にせずに使っていますけど.

 

 次にヘタを取った島とうがらしを軽く水洗いして,ガラス瓶に入れ,出来ればアルコール度数が30度以上の泡盛を注いで漬けます. 25度以下ではどうなるか試していませんが,辛みや風味が出にくいのかな? オジーが教えてくれました.

 下の写真は泡盛の三合瓶です. これは我が家の好物 『八重泉 』 の空き瓶です. 石垣島のこのグレードの泡盛は他の酒造会社とも共通のリターナル瓶なんですよ.

20111113c

 おおよそ,二週間位で泡盛が褐色に変わってきて,『コーレーグース』 として使えます.

より長く漬けておくと,単なる泡盛臭の辛い液体から,辛いけどまろやかな風味の辛み調味料 に変わってきますので,お好みで使われると良いと思います.

 時間が経ってくると,島とうがらしが下に沈んできます. 更に経過すると赤色から褐色になって,モヤモヤの浮遊物が出てきますが,まだまだリサイクルできます.

 少しケチ臭いけど,少なくなってきたら泡盛を足せば,三合瓶の三回分位は出ます. モヤモヤの浮遊物が気になるようでしたら,上澄みの液体だけをそ~っと移し替えたり,コーヒーのドリップなどで濾過すれば大丈夫です.

我が家は,日常ではプッシュ式の醤油刺しに小分けして使っています. ドバッと出ちゃって,チャンプルーがコーレーグース浸し になったりしないしね.

島とうがらしが手に入れば簡単に出来るので,機会があったら,是非お試しを



| | コメント (1)

より以前の記事一覧