« 久しぶりの直撃か? 台風第8号 (マリア) | トップページ | 要警戒! ”台風第24号 (チャーミー)”@石垣島 »

2018年8月16日 (木)

~夏の日に思う事~ 忘れちゃいけない『命どぅ宝』

 夏のこの時期
いろいろな忘れちゃいけない事を改めて思い返す

 広島・長崎の原爆の日,日航機墜落事故
今年は,各地での大きな自然災害,平成最後の全国戦没者追悼式
メディアでも盛んに,反戦や命の尊さ(命どぅ宝)を訴えている
特に今年は,何だか多いような・・・

これは自分の年齢が往ったってこと?

 自分の記憶に強く焼き付いているのは,日航機墜落事故
大学生の自分は,偶然,事故の数日後に現場付近の峠道を通った
あの時の騒然とした,しかし誰も急を要していない暗い雰囲気

事故原因は,未だに様々な説があるようだ
でも,520人の犠牲者と,現在もご遺族の方々には辛い記憶である事は現実
忘れちゃいけないと思う

 そんな中
一時行方不明となっていた山口県の2歳の男の子が
無事に親御さんの元に戻った報道を見る度に心が温かくなる
本当に良かったね
思わず,保育園帰りの我が家のチビをギュッとしてしまう

どうか,世の中が平成でありますように
平成の次は,どんな元号になるのかなぁ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

映画 【クライマーズ・ハイ】

<佐山記者の現場雑観>記事から

御巣鷹山にて

若い自衛官は仁王立ちをしていた.
両腕でしっかりと小さな女の子を抱きかかえていた.

赤いトンボの髪飾り 青い水玉のワンピース
小麦色の細い右手がだらりと垂れ下がっていた.

自衛官は天を仰いだ.

空はこんなに青いというのに
雲はぽっかり浮かんでいるというのに
鳥はさえずり 風は悠々と尾根を渡っていくというのに

自衛官は地獄に目を落とした.

そのどこかにあるはずの
女の子の左手を捜してあげねばならなかった.

本記者が直面したそれは、幾多の戦場を上回るほどの光景だった.
生存者が見つかった奇跡をいまだに信じられないほどだ.

群馬 長野の県境

2008年公開
監督:原田眞人
脚本:加藤正人/成島出/原田眞人
原作:横山秀夫


|

« 久しぶりの直撃か? 台風第8号 (マリア) | トップページ | 要警戒! ”台風第24号 (チャーミー)”@石垣島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ~夏の日に思う事~ 忘れちゃいけない『命どぅ宝』:

« 久しぶりの直撃か? 台風第8号 (マリア) | トップページ | 要警戒! ”台風第24号 (チャーミー)”@石垣島 »